第13回 JDMC 定例セミナー

2012-10-23

 ■日時:2012年11月27日(火) 16:00-18:40 <セミナー報告はこちら


■場所:霞が関ビル1階 「霞ヶ関プラザホール」 千代田区霞が関3-2-5 【http://www.kasumigaseki36.com/access/
■参加者:JDMC会員 70名程度
■参加費:無料

------------------------------------------------------------
■プログラム:                  (敬称略)
------------------------------------------------------------

◎16:00-16:10 (10)/JDMCからのご案内

◎16:10-17:00(50)/講演1

 「ビッグデータの処理基盤、DWHアプライアンス製品の
 特徴、適用領域、活用法などを徹底理解する」

 「ビッグデータ」というと、Hadoopのような分散処理基盤に注目
 しがちですが、実際にはビッグデータ処理向けの技術や製品の開
  発は従来のデータウェアハウスの延長上で行われており、そこか
 ら登場したDWHアプライアンス製品が主流です。必然的に企業情
 報システムのデータ処理基盤開発において、こうした製品・技術
 をどう活用するかが一層重要な課題となっています。

 そこで本公講演では、ビッグデータの「大容量性」と「リアルタ
 イム性」という特性に着目し、大量のデータを効率よく処理する
 データ処理技術(並列処理、カラムストアなど)と、DWHアプラ
 イアンス製品、例えばTeradata、Netezza、Oracle Exadataなど
 の特徴や、適用領域、活用法などについて解説します。

 織田DMコンサルティング 代表
  織田敬三

 <おだ・けいぞう>
  NTT研究所、NTTデータ技術開発本部、NTTデータ先端技術などに
  おいて、オンラインバンキングシステム開発、RDBMS開発、DB関
 連技術支援、Oracle移植、情報系システム構築に関するコンサル
  ティング業務に従事

◎17:00-17:10 (10)休憩

◎17:10-18:00 (50)/講演2

 「グローバル事業展開を支える全体最適の取組み
 データマネジメントを含めたJTのEAとは?」

 たばこ業界をとりまく国内の事業環境が厳しさを増す中、日本た
 ばこ産業(JT)はM&Aなどによる海外事業の強化に取り組んでい
  ます。必然的に情報システムには、リアルタイムに海外拠点間の
  販売・生産・在庫などの情報を連携させ、為替変動や原材料価格
 の変動リスクなどに対して、適正な経営判断を支援するグローバ
 ルプラットホームとしての役割が求められます。

 すでに海外系のシステムの整備は進んでおり、国内の情報システ
 ムをどのように進化させるかが次の課題となっています。これに
 対しJTのIT部門は、中長期的な変化に対応するためEAのフレーム
 ワークを活用したシナリオの検討を開始しました。今回はデータ
 マネジメントも含めて、その取組みをご紹介します。

 日本たばこ産業株式会社
  IT部 部長  鹿嶋 康由
  IT部	   野田 康大

◎18:00-18:40 (40)  質疑応答

------------------------------------------------------------
■参加お申し込み先
------------------------------------------------------------
下記サイトよりお申し込みください。後日事務局より受付メールを
お送りいたします。

https://japan-dmc.org/form_20121127.html


※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.