学ぶシリーズ「ビジネス・データモデリング入門」基礎編(2020/12/11)

データマネジメントの枠組みの中で、データモデルを作成すること、すなわち「データモデリング」は中核となるアクティビティですが、なかなか正しい理解がされていないように思います。

データモデルはシステムを構築する際のデータベース設計のためと思われていませんか。業務サイドの方にとっては関係しないもの、興味の対象外と思われている方が多いのではないでしょうか。

今回の学ぶシリーズでは、データモデリングをシステム設計の手段ではなく、業務あるいは経営サイドの視点からみて、「そもそもデータモデルとは何か?」、「何のために作成するのか」、「その結果どんな嬉しいことがあるのか」について、実務での事例を踏まえてお話します。講師は、技術者に長く愛読されている『実践的データモデリング入門』の著書、真野正さん(データアーキテクト代表取締役、JDMC会員)です。  

対象:非技術者(実務担当者)、経営・企画層、DX推進者

<内容>

  1. データモデルとは何か(定義)
    エンティティ・リレーションシップでビジネスを表記
    インスタンスのメタ化
  2. データモデリングの目的
    その1 新ビジネス創出のためのコンサルティングツール
    DX推進のために
    リソース、イベントの抽出
    その2 データ活用のために
  3. データモデリングの実践
    課題抽出のために(AS-ISモデリング)
    課題解決のために(TO-BEモデリング)
  4. まとめ


<講師>

株式会社データアーキテクト
代表取締役 真野 正

(まの・ただし)大手SI会社(株式会社シーエーシー他)の勤務を経て、2005年にデータアーキテクトとして独立。RDBに黎明期より携わり、モデリングからDBA、SQL性能改善まで幅広くデータ系全般をカバー領域として、多くのプロジェクトに参画。システム基盤はメインフレーム、C/S、Web系を経験。データモデリングでは概念レベルにとどまることなく、実装を意識した設計を心掛けている。著書に『実践的データモデリング入門』(2003年 翔泳社刊)、『独習データベース設計』(2009年 翔泳社刊)、『ITエンジニアのためのデータベース再入門』(2017年リックテレコム刊)、『ERモデリングvs.UMLモデリング概念データベース設計』(2007年SRC刊)などがある。http://www.dataarch.co.jp/concept.html

 

■実施概要

配信日: 2020年12月11日(金)16:00~16:50  YouTubeプレミア公開

■視聴者

JDMC会員およびJDMCメルマガ会員

■申込

視聴URLをお送りします。

    ご選択ください:
    会員招待

    お名前 (必須) :

    御社名 (必須):

    ご所属 (必須):

    ご役職 (必須):

    メールアドレス (必須):

    備考(データモデリングについてご関心トピックスなどあればお教えください):

     

    上記入力内容を確認し、よろしければ左にチェックを入れてから下の「送信」ボタンを押して下さい。