3 MDMとデータガバナンス

■概要

データを活用するために「探す」「直す」「集める」ことがデータマネジメントの中核と考え、そのための実戦的な方法を研究するのがMDM(Master Data Management)とデータガバナンス研究会です。方法論の根幹にマスタデータが、マスタデータの根幹がデータガバナンスであると位置付け、月一回の例会を中心にMDMとデータガバナンスを共に学び、討議し、研究します。非公開のサロンとして事例や理論を共有し、参加者に有益な場を提供します。関連するトピックにはメタデータ、データモデリング、オントロジなどがあります。

■リーダー(L)、サブリーダー(S)

(L) 水谷 哲 (JDMC研究員、ダッソー・システムズ)
(S) 轟木    美穂(富士通株式会社)
(S) 伊阪 哲雄(伊阪コンサルティング事務所)
(S) 佐野 努    (クオリカ株式会社)
(S) 神田 健司(SAPジャパン株式会社)

■参加対象者

MDMおよびデータガバナンスを初めようとする方、推進中の方、実施中の方。
MDMに何となく興味がある、MDMが重要だと考える方。
宣伝・啓蒙を進めたいベンダーの方、コンサルタントの方、SIerの方。
データ管理について、特に問題意識について職場でなかなか話が合わない方。

■開催の頻度

月1回プレミアムフライデー(18:30~20:30) 連休・年度末などの調整あり
毎回、オンラインでも開催

■難易度

(◯)初級 (◯)中級 (◯)上級

■目標ゴール

毎回、知見や事例をディスカッションできること。
それらを参加者が持ち帰って目先の、将来のデータマネジメントに役立てること

■アウトプット

データガバナンス羅針盤
データカタログに関する調査・提言

■参考

・記事:【特別座談会 No.3】データ管理が変わればビジネスが変わる! 社内のデータをビジネスに活かすプロの知見&体験を共有。「MDM研究会」(2019/4)