第35回JDMC定例セミナー

2016-08-24

ico_finish■日時:10月6日(木)16:00-19:00
■場所:日本テラデータ株式会社 (港区赤坂2丁目23番1号 アークヒルズ フロントタワー) <レポートこちら>

35_3

 今回のJDMC定例セミナーは、データマネージメントに関連する気になるキーワードを取り上げ、最新の情報を共有します。今回取り上げるキーワードは『オープンデータ』です。これまでもJDMCでは、その意味や意義、事例を取り上げてきました。しかし、そもそもどんなデータがあるのか、利用する際の手続きや考慮点は何かなどが分かりにくく、ビジネスへの活用は必ずしも進んでいるとはいえません。
 一方でオープンデータの質・量は年々、充実している事実があり、非常にもったいない状況が生まれています。そこで今回、改めて『オープンデータ』の最新事情に着目。専門家を招いて、オープンデータを巡る状況や活用方法について、一挙にご紹介いただきます。
 自社データの利用さえもできていないという企業の方も『オープンデータ』を知ることで、自社データと組合せた新たな価値に気づくきっかけになると確信しています。多くのJDMC会員の参加をお待ちしています。

 

実施概要

■日時:10月6日(木)16:00-19:00

■場所:日本テラデータ株式会社
港区赤坂2丁目23番1号 アークヒルズ フロントタワー 15階<地図>

■参加者:JDMC会員および招待のみ 50名

■主 催:一般社団法人日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)

 

プログラム

(敬称略)

◎16:00-16:10 オープニング

◎16:10-17:00 講演1 「政府におけるオープンデータの取組」

政府はこれまで「電子行政オープンデータ戦略」等に基づき、国や自治体において機械判読性の高いデータを、二次利用可能な形式で公開するオープンデータの取組を推進してきましたが、データ利活用による課題解決を推進するため、今後は民間企業等における取組も促進するなどの、国の取組状況等をご紹介します。また、国の持つデータの公開手段であるデータカタログサイト(DATA.GO.JP)の整備も進めており、当サイトついてもご紹介します。

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室
参事官補佐 白井 祐介

 

◎17:00-17:50 講演2 「オープンデータ最前線 ~ここまできた!データ活用~」

「データは貴重な資源である」と欧米各国の政府は公言し、データを基にした新しい公共サービスやビジネス開発に国を挙げて取り組んでいます。ビッグデータに公的機関のデータを再利用するオープンデータの流れが加わり、その勢いは増すばかりです。このセミナーでは、オープンデータ活用の最先端事例と、データを活用する上でのポイントをご紹介します。

一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン
常務理事 東 富彦

 

◎17:50-18:30  質疑

◎18:30-19:00 名刺交換会

 

申込みフォーム

終了しました

 

 

 

 



※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.