第41回 JDMC定例セミナー

2018-08-06

■日 時:2018年10月9日(火) 16:00~18:30
■場 所:日本記者クラブ<地図

実施概要

■日 時:2018年10月9日(火)16:00~18:30

■場 所:日本記者クラブ
      千代田区内幸町 2-2-1 日本プレスセンタービル 10階<地図

■参加者:JDMC会員およびご招待 50名

■主 催:一般社団法人日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)

 

プログラム

(敬称略)

◎16:00-16:10
オープニング

◎16:10-17:00
講演1「MDMの原点『脱・意味ありコード』実践編」

オープン化だERPだWebだと流行は移り、今はデジタルが流行です。そんなデジタルな時代の陰に残る最後のレガシーが「意味ありコード」です。本セミナーは、今こそ「意味ありコード」を何とかしたい方に向けた実践ノウハウです。意味ありコードの問題とは何か、どう手を入れればよいか、MDMとはどう関係があるのか等、さまざまな事例に基づいて語ります。特に「一度調べてはみたが、大した情報がなくガッカリ」している方が対象です。

JDMC「MDMとデータガバナンス研究会」リーダー
ダッソー・システムズ株式会社
水谷 哲


◎17:00-17:10 質疑


◎17:20-18:10

講演2「MDMシステムにパッケージを採用するメリット」

皆様の会社では、現在マスターデータをどのように管理しているでしょうか?
すでに一元管理されているケースもあれば、未だに各システムやファイルで個別に保持しているケースなど、形態は様々かと思います。また、データ品質の向上のみならず、全社横断的な情報活用や事業のグローバル展開など、マスターデータへのニーズはますます多様化してきました。こうした状況を踏まえると、企業にとってMDMシステムは不可欠となってきており、その実現手段として開発かパッケージかの選択に迫られることになります。この講演では、MDMシステムの役割りは何かを改めて紐解きながら、パッケージを採用するメリットを具体例を交えてご説明します。

Stibo Systems株式会社
シニアコンサルタント
高田 景之
 

◎18:10-18:20 質疑


◎18:20-18:30 全体質疑

 

申込みフォーム

 

ご選択ください:
会員招待

お名前 (必須) :

御社名 (必須):

ご所属 (必須):

ご役職 (必須):

メールアドレス (必須):

備考:

 

 

上記入力内容を確認し、よろしければ左にチェックを入れてから下の「送信」ボタンを押して下さい。

 

  

 


 



※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.