【レポート】地方公共団体におけるデータ活用事例~横浜市金沢区 「かなざわ育なび.net」の取り組み

2017-03-30

(JDMC行政データマネジメント分科会リーダー・柏崎吉一)

JDMC 行政データマネジメント分科会では、地方公共団体におけるデータ利活用の状況を調査研究している。今回は横浜市金沢区において、同区が公開するオープンデータを利用した子育てポータル「かなざわ育なび.net」の特長、開発経緯、データ収集・管理の工夫や仕組みについて、過去の資料やイベントでのディスカッションを中心にまとめた。

こちらよりダウンロードください。⇒【PDF】(約0.8MB)
 
 
■タイトル
地方公共団体におけるデータ活用事例
横浜市金沢区
「かなざわ育なび.net」の取り組み
 
■著者
一般社団法人 日本データマネジメント・コンソーシアム
「データマネジメントの基礎と価値」研究会
「行政データマネジメント」分科会
 
■もくじ
本レポートについて
金沢区の概要と「かなざわ育なび.net」の特徴
育なび誕生の背景
データの登録・更新作業における工夫
目的は行政の透明性、市民参加、協働の促進
課題解決のスタートラインに立つ ~共通語彙基盤プロジェクトへの参画
 
 

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]


※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.