7 マーケティングにおけるデータ活用研究会

研究概要(2022年度)

当研究会は、昨期まで進めた「データ活用人材育成プログラム」のさらなるブラッシュアップのため、研究会参加企業におけるマーケティングと人材育成の実態調査をおこない、その調査内容を汎用プログラムに活かしていく研究活動をしています。

目的とゴール、研究活動、アウトプット

【目的とゴール】

マーケティングにおけるデータ活用をより推進するため、企業に必要となる活用目的や運用組織/人材について研究、実践する研究会。

【研究活動】

(1)自社のデジタルマーケティングの取り組み(ツール含め)+運用メンバーの組織づくり(人材育成)を発表。そこからみえる課題やポイントをリスト化。
(2)研究会参加企業の実態調査を汎用プログラムに活かす。

【アウトプット】

(1)実態調査における気づき、ポイントをリスト化
(2)データ活用人材育成プログラムのブラッシュアップ

参加対象者

マーケティングにおけるデータ活用の人材・組織の育成について課題を抱えている企業、担当者。

開催頻度

月1回

難易度

(◯)初級
(◯)中級
(◯)上級

リーダ(L)・サブリーダ(S)

L:石田麻琴(ECマーケティング人財育成)
S:仲谷靖洋(アシスト)
S:岡田優治(アシスト)
S:大塚卓(ベネッセ)

その他

・今期からの新しいメンバーの皆さんにも参加しやすい研究会の構成にしていきます!
・「マーケティングシステム活用研究会」はマーケティングシステムを活用するための課題を研究会する会であり、マーケティングシステムの機能比較をする研究会ではありません。

資料

こちらの資料をご参考ください
(pdf)

ご参考

JDMCカンファレンス2022(2022/3/10)にて発表した研究会紹介動画です。
「データ活用人材育成プログラムの策定状況を一挙紹介!」
00:00~20:45までご覧ください。

記事を共有する :