第38回 JDMC定例セミナー

2018-03-11

■日 時:2018年4月10日(火) 16:00~18:30
■場 所:Pivotalジャパン(六本木ヒルズ森タワー 20F)<地図
<レポートはこちら

いま、電子レシートによる新しい社会のインフラ構想が見えてきた。データ活用は様々な業種で進んでいるが、中でも、消費者との接点が多く大量のデータを保有する流通、小売業界のポテンシャルは大きい。電子化されたレシートデータに、気象データや実店舗のセンサーデータなどのIoTデータを組み合わせることで、今まで見えなかった新たなニーズを見つけられる可能性があるからだ。経済産業省からの委託事業で「電子レシート」の実証実験に参画した、インテージテクノスフィア、東芝テック、トライアルカンパニーから講師を迎え、実証実験の内容、技術的課題や未来構想をお話しいただく。奮ってご参加いただきたい。

 

実施概要

■日 時:2018年4月10日(火)16:00~18:30

■場 所:Pivotalジャパン(六本木ヒルズ森タワー 20F)<地図

■参加者:JDMC会員およびご招待 50名

■主 催:一般社団法人日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)

 

プログラム

(敬称略)

◎16:00-16:10
オープニング

Pivotalジャパン株式会社
技術統括部 シニアテクニカルコンサルタント
松下 正之   

 
◎16:10-17:10
講演と質疑「電子レシート最新状況~データマネジメント視点から」

東芝テック株式会社
技師長附 上席主幹
NET流通システム協議会 技術部会長
三部 雅法

株式会社インテージテクノスフィア
商品情報部 商品情報DB統括マネージャー
外山 有
 
◎17:10-18:10
講演と質疑「スーパーマーケットの未来とデータマネジメント」(仮称)

株式会社トライアルカンパニー
情報システム本部 グループCIO
西川 晋二
 
◎18:10-18:30 全体質疑
 

申込みフォーム

満席のための申し込みを終了しました。
 



※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.