第1回データマネジメント(DM)実態調査 結果報告書

経営環境が目まぐるしく変化する昨今、企業が成長を維持するには「即断即決」のスピード感がこれまで以上に求められています。的確な意思決定には、ITの利活用が不可欠なことは言を俟ちません。そこでデータを管理し、またデータの品質を計画的に維持・向上させる「データマネジメント」の取り組みは、経営とITを高度に融合させて実益に結びつけていく上での要となります。日本データマネジメント・コソシアム調査研究部会では、国内企業のデータマネジメントの実態について、アンケート調査を実施し、その結果を本調査報告書としてまとめました。 ここに、報告書の簡易版を公開します。

 

第1回 データマネジメント(DM)実態調査結果報告書 簡易版.pdf (893KB)

 

・調査期間

2012年 1月 11 日~ 2月 10 日

 

・調査目的

 国内企業におけるデータマネジメントの取り組みの状況について

 の調査を目的とする

 

・調査内容 調査内容

 データの管理・連携について

 データの分析・活用について

 データマネジメントを実施する組織・人材について

 データのセキュリティについて

 データマネジメントに関するピックスへの興味・取り組みついて

 

・実施方法 実施方法:Web調査

 

・回答数: 259社

 

・実施者:日本データマネジメント・コソシアム調査研究部会

 

<アドバイザー>

矢澤篤志(カシオ計算機)

田口潤(インプレスビジネメディア)

 

<研究部会長>

樋口裕高(NTT データ)

 

<メンバー>

稲場淳二(日立製作所)

川上潤司(インプレスビジネメディア ジネメディア

北川雅嗣(NTTデータ)

喜田昌樹(大阪学院大)

黒柳開太郎(インフォテリア)

佐藤幸征(データ総研)

下田啓 (トーマツ)

谷本一樹(日立製作所)

森未英 (TIS)

 

◎関連記事

http://it.impressbm.co.jp/e/2012/03/14/4252#