第37回JDMC定例セミナー

2017-06-30

■日時:2017年7月24日(月) 16:00~18:30
■場所:SAPジャパン(千代田区麹町1-6-4)

JDMC会員を対象とした定例セミナーは毎回、大好評を頂いています。
2017年度の第1回目は、今年度JDMCデータマネジメント賞の部門賞
「アナリティクス賞」、「先端技術活用賞」受賞企業2社にご講演いただきます。

実施概要

日時:2017年7月24日(月) 16:00~18:30

場所:SAPジャパン(千代田区麹町1-6-4)<地図

対象:JDMC会員 50名程度

参加費:無料

プログラム

(敬称略)

16:00-16:10オープニング
   
16:10-17:00/講演1
  データマネジメント賞「アナリティクス賞」受賞記念講演

「データ活用の変革と顧客インサイトへ迫るマーケティング」

  みずほ銀行では、10年前からデータベースの高度化によるマーケティングの高度化・戦略の高度化を展望し、様々な接点や取引データの整備や、EBM (イベント・ベースド・マーケティング) に取り組んできました。ここ数年はこれまでの取り組みから得た知見をもとに、更なる顧客理解と適切なマーケティング施策にチャレンジしています。本講演では、意味のあるデータに加工し、更に解釈を加えることで、顧客属性やライフステージ・ニーズの推定や、インサイトの変化・ニーズの変化の予測を可能にし、EBM からBBM (ビヘイビア・ベースド・マーケティング) へと、お客さまのインサイトに沿ったマーケティングの取り組みについてご紹介いたします。
   

株式会社みずほ銀行
ビジネス開発推進部
データベースマーケティングチーム
中田 英里

 ビジネス開発推進部
データベースマーケティングチーム
参事役
吉澤 陽子

   
17:00-17:10/質疑
   
17:10-18:00/講演2
  データマネジメント賞「先端技術活用賞」受賞記念講演
  「現実と仮想をつなぐ世界一のサービスを創る 」

弊社は、スマートフォンやIoTデバイスが有する各種センサー類から、人間の行動に関する情報を収集し、それらの情報を可視化したり、機械学習を使って分析したりすることで、人の行動パターンとその背後にある人の思考を推定する分析プラットフォームの開発と提供を行っております。現在は、その技術を用いて自社で開発運営しているiOS向けライフログアプリ『SilentLog』などを使って、1日3万人強の行動情報を収集しており、これらの独自保有データを機械学習における教師データ(機械が学習する上で手本とするデータ)とすることで、現実の都市における人の動きを対象群とした分析を手がけています。
今回は製品とあわせて、自社事業を取り巻く社会状況をお話します。

レイ・フロンティア株式会社
代表取締役 CEO
田村 建士
※参考URL
「SilentLog Analytics」
https://www.rei-frontier.jp/

 

 

18:00-18:30/質疑

 

お申込み

お申込みは会員および会員による招待に限られます。

ご選択ください:
会員招待

お名前 (必須) :

御社名 (必須):

ご所属 (必須):

ご役職 (必須):

メールアドレス (必須):

備考:

 



※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.