第33回 JDMC定例セミナー

ico_finish ■日 時:2016年6月13日(月)16:00~18:30
■場 所:SAPジャパン(千代田区麹町1-6-4)
レポートこちら

IMG_0934データマネジメントの世界では何が起きているのか。先進企業はどんな取り組みをしているのか。学べることは何か? JDMCでは、主に会員の皆様を対象に、定期的にセミナーを実施し、大好評を頂いています。
2016年度の第1回目は、本年度のJDMCデータマネジメント賞「データ基盤賞」を受賞した、株式会社IHIの「IoT」に関する事例です。
もう一つは、SAPジャパンによる講演「デジタライゼーション時代にあるべき基幹システムデータ及びドキュメント活用」を予定しています。ぜひ時間を調整してご参加下さい。

実施概要

■日 時:2016年6月13日(月)16:00~18:30

■場 所:SAPジャパン
千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル <地図

■参加者:JDMC会員および招待 50名

■参加費:無料

■主 催:一般社団法人日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)

 

■プログラム

◎16:00-16:50(50) 講演1
製品・サービスの高度化に向けた
データ収集・分析基盤構築への取り組み

IHIではお客さまの価値創造に向けて、グループ経営方針に掲げている3つの「つなぐ」の一つである「製品・サービスとICTをつなぐ」に取り組んでいます。その一環として様々な製品の稼働データを収集するリモートメンテナンス共通プラットフォームを構築。各製品へ展開を図っています。 収集したデータを活用して製品・サービスの付加価値向上を図るのが目的であり、大量のデータを分析・処理する情報分析基盤の構築も進めています。
本講演では IHI におけるこのようなICTの活用について説明します。特に情報分析基盤に必要な高速データ処理技術として着目している「Apache Spark」について、船舶GISデータを用いた基礎的な時系列データ処理を試行・評価した事例を紹介します。

<講師>
株式会社 IHI
高度情報マネジメント統括本部
IoTプロジェクト部
情報科学技術グループ 担当部長
河野 幸弘 氏

◎16:50-17:00(10)質疑

◎17:00-17:50(50)講演2
デジタライゼーション時代にあるべき基幹システムデータ及びドキュメント活用

<講師>(予定)
オープンテキスト株式会社
技術本部ディレクター
市野郷 学氏

SAPジャパン株式会社
ソフトウェアソリューションパートナー事業本部
高橋 浩二氏

◎17:50-18:30(40) 質疑

 

■お申込み

[contact-form-7 404 "Not Found"]