【Vol.66】アビームコンサルティング國本 修司さん、マスターデータについて考える「楽しさ」を 新しい出会いの中で共有したい

JDMC会員による「リレーコラム」。

メンバーの皆さんそれぞれの経験・知見・想いをリレー形式でつなげていきます。

今回、バトンを受け取ったのは、アビームコンサルティング株式会社の國本修司さんです。

 

MDMに取り組むお客様を、コンサルティングから導入までフルに支援

2021年12月からJDMC会員として活動させていただくことになりました、アビームコンサルティングの國本と申します。

これまではコンサルティングビジネスの担当者として、皆様の会社ごとのMDM(マスターデータマネジメント)プロジェクトに関与する機会を多くいただいてきました。加えて、これからはJDMC会員の皆様と一緒に、産学官を中心とした日本企業全体に対して幅広く貢献できる環境で、ご一緒できることを感謝しています。

アビームコンサルティングは、設立40周年を迎えた日本発・アジア発の総合コンサルティングファームで、従業員数6,485人・売上高906億円(いずれも2021年4月1日現在)の規模です。製造業、流通小売、商社、金融、生損保などの多種多様な業界を対象に、お客様の企業変革の実現に向けた挑戦を、あらゆる局面から支援しています。

近年、コンサルティングにおいて経営・事業・業務のあるべき姿を議論する際に、「データ」というキーワードの重要性は増加する一方です。改めて当社の社内データベースで過去10年間に実施された「データ」関連の案件数を調べたところ、約600件にのぼることがわかりました。

私自身は2005年頃にMDMと出会ったのですが、2022年現在の時点でおよそ20社のお客様とお付き合いさせていただいております。いずれの案件も1年を超えるプロジェクトが多いのですが、本格的にMDMシステムを導入するケースもあれば、お客様サイドのアドバイザリーとして参画させていただくなど、関わり方はさまざまです。また実際の案件に至らないまでも、MDMへの取り組み方についてのご相談を受けたり、当社の事例紹介やMDMの方法論を通じてディスカッションさせていただく機会もしばしばです。おかげさまで、これまで18年間で約150社の皆様と会話の実績を築くことができました。

 

食品業界を振り出しにグローバルビジネスへと実務の経験を広げる

私自身は、防衛大学校を卒業後に自衛官を務めた後、SI会社へ転職し、海上自衛隊をお客様とした基幹システム構築を4~5年にわたって経験しました。

その後2001年にアビームコンサルティングへ入社し、当初は業務コンサルティングや会計・SCM領域のSAPコンサルティングなどを経験していました。2005年頃にマネージャーへ昇格したタイミングで、食品メーカーの商品情報統合プロジェクトへ参画したのですが、それがMDMと呼ばれるものとの初めての出会いでした。

それ以降も継続して様々なMDMプロジェクトを経験しましたが、当初の4~5年は、食品・消費財業界のお客様と、多くお仕事をさせていただきました。 MDMで検討する製品マスタが、どれも自分自身の生活と密着しているものとあって、MDMを身近に感じる環境で仕事ができたのは幸運でした。

2010年以降もMDMプロジェクトを継続して手がける中で、お客様の業界がこれまでの食品・消費財から、自動車・電化製品・家具といった耐久消費財にまで広がってきました。標準化された同じ規格の製品を、世界中のさまざまな国・地域で販売できるという特徴が耐久消費財にはありますが、それが私にとってMDMの新たな魅力となりました。海外を含む規模での検討事項が増えていくにつれて、グローバルなプロジェクトに関わる機会が増えたことは、今でも貴重な経験となっています。

 

JDMC参加を通じた、より多くの皆さんとの出会いや新たな交流に期待

これまでの取り組みを通じて、MDMに関する知識や経験を増やすことができたのは、自分にとって大きな財産だと思っています。しかし本当の意味での財産は、これまで大勢のお客様と出会ってきたことです。最初はお仕事上の関係として始まるのですが、同じテーマに向かって苦楽を共にする中で親交が深まり、プロジェクトが終わってからもお付き合いをいただいたり、 公私に渡り忌憚のない意見を交わせる「戦友」的な関係になることも少なくありません。こうした気持ちを通じ合える方々の共通点としては、MDMというテーマの性質上、ひとつのことを徹底的に突き詰めて考える習慣があると感じています。

改めて今回、JDMC正会員として活動をスタートさせていただきますが、この場を通じて多くの方々とお会いできることを、とても楽しみにしています。MDMに関してはひと通りの経験を詰んできたと自負しています。この分野で何かお悩みなどあれば、ぜひ気軽にお声がけいただければ幸いです。

 

國本 修司(くにもと・しゅうじ)

アビームコンサルティング株式会社 コンシューマービジネスユニット ダイレクター

1972年生まれ。防衛大学校 理工学部 航空宇宙工学専攻。大手システムインテグレーターを経て2001年アビームコンサルティング入社。製造・流通・小売業界を中心に各種コンサルティングサービスを提供している。

著書・寄稿など:
「データ経営」を実現するIT戦略(日経BP刊)
MDM(マスターデータマネジメント)を極める(日経XTECH・全6回連載)
データマネジメントの勘所(日経情報ストラテジー 2014年6月号)

記事を共有する :