マーケティング理解度チェック(動画解説付き):ECMJxマーケティングシステム活用研究会

9:データ活用のポイント

 

継続して同じデータ項目をみる

データ活用のポイントは継続して(__)データ項目をみることである。(__)データ項目を見ることで、「データの(__)」や「(___)の発生」に気づくことができ、その気づきがデータの裏側にある要因(内的要因と外的要因)の仮説と発見につながっていく。

 

要因を整理する

データ活用の本質は「データを見ること」ではなく「(__)を整理すること」にある。データはシステムからいつでも算出できるが、要因は意識しないとうやむやになってしまう。

(1)(____):自分たちがおこなったマーケティング施策。(___)がある。

(2)(____):市場環境の変化や競合の動きによる原因。(___)はない。

   →(____)はアンコントロールだが「(__)(__) 」はできる。

    これがポイントになる。

 

Copyright(C) 2021 ECMJ.Inc. All rights reserved