KOUJIMACHI STUDIO ライブセミナー「これからの行政に必要なデータマネジメントとは」(2022/9/21)

昨年、JDMCは環境省からの依頼を受けてデータマネジメントポリシーに対するコメントとレビューを行いましたニュースリリースをご参照) その後、行政のデータマネジメントの取組みについて、大きな一歩が踏み出されました。その全体像を、デジタル庁プロジェクトマネージャー  柴田利則氏にご講演いただきます。テーマは、「これからの行政に必要なデータマネジメントとは」です。民間企業においても参考になるものです。配信スタジオから生中継します。質疑時間も予定しました。視聴者とインタラクティブに進めたいと思います。奮ってご参加ください。全体進行は、JDMC事務局長 大西浩史です。 

■講演概要

政府関連の情報システムは、昨今の新型コロナウィルス感染症への対応において、残念なことに「デジタル敗戦」という不名誉な評価を国民の皆様からいただきました。データが使えない、繋がらない、対応が遅い、トラブルの発生、など、急に発生した異常事態に対して、対応も後手後手に回り、培ってきたIT技術を有効に活用することはできませんでした。そのような状況はコロナ禍以前から予想できたことであり、改善に努めつつも十分な成果を発揮することはできませんでした。データに関連する事象も多く、改めてデータマネジメントの重要性を認識することとなりました。

本講演では、2019年より政府CIO補佐官チームによるデータマネジメントタスクフォースで進めてきた政府情報システム全体の底上げ、つまり、繋がるシステムを作る、品質の良いシステムを作る、データの利活用を大きく前進させる、といった課題について、その立ち上げから現在に至る活動と成果を紹介します。また、2021年3月にデジタルガバメント推進標準ガイドライン群としてリリースした「データマネジメント実践ガイドブック」を紹介します。政府内(環境省)での先行導入から作られた当ガイドブックは、国の行政機関をはじめ、地方公共団体や民間企業に対して、実践的なデータマネジメントのプロセスを提供するものになっています。データマネジメントは地道なボトムからの活動ですが、IT戦略やデータ戦略からのトップダウンとは、両輪。両方が揃って初めて、「デジタル敗戦」ではなく、「デジタル勝者」になれるものと確信しています。

<主なトピックス>
・そもそもなぜ行政にデータマネジメントが必要と思ったのか
・政府情報システムの現状と課題
・データマネジメントタスクフォースの活動と成果
・データマネジメント実践ガイドブックの紹介

 

実施概要

■日 時:2022年9月21日(水)17:30~18:50 /Vimeo
■形 式:配信スタジオからライブ配信します
■進 行:

17:30-17:40 (10)

ご挨拶と趣旨説明

JDMC事務局長・理事(株式会社リアライズ代表取締役)
大西     浩史

17:40-18:30(50)

講演「これからの行政に必要なデータマネジメントとは」
デジタル庁プロジェクトマネージャー
柴田 利則氏

(しばた・としのり)2019年より政府CIO補佐官。現在はデジタル庁プロジェクトマネージャー、厚生労働省デジタル統括アドバイザー。ITメーカーにてシステム開発30年以上、金融系大規模システム他多数

18:30-18:50 (20)

質疑応答

 
お申込はこちら

視聴URL (Vimeo)をお送りします。

    ■ご選択ください
    JDMC会員非会員わからない

    ■お名前 (必須)

    ■貴社名 (必須)

    ■ご所属・お役職

    ■メールアドレス (必須)

    ■備考

    上記入力内容を確認し、よろしければ左にチェックを入れてから下の「送信」ボタンを押して下さい。

      

    記事を共有する :