(AI・データ活用のためのコンプライアンス研究会リーダーへの質問会);書籍「攻めのデータ活用のつまづきポイント」に備える49のチェックリスト」活用法 (4/21)

今年3月10日、AI・データ活用のためのコンプライアンス研究会が、標記書籍を日経BP社より上梓しました。Amazonおよび各書店にて発売中です。

本書について、「購入を検討したい」、「購入したがどう活用したらよいか」、「コンプライアンス研究会は次年度も継続するのか」などの様々な質問が事務局に届いております。そこで、研究会リーダー3氏にお集りいただき、質疑応答の会合を開くことにしました。 会合は、参加者からの質問に答える形で進行します。開催時間帯は出入り自由です(ご質問されたいことが解決されたらご退出いただいて結構です)。ご参加ご希望の方は以下からご連絡ください。Zoom情報をお送りします。 

※本書について
本書の巻末に、「ご購入者様限定ダウンロードサービス」袋綴じがあります。ここを開封すると、実務ですぐに使えるツール(Excelデータ形式)のダウンロード案内が記載されています。新たなデータ活用を始める前に、グレーゾーンでトラブルを起こさないかどうかを自分で確認できるツールです。業種業界、企業規模を問わず、データ活用についての契約・コンプライアンス・個人情報保護を担当されている実務者、法務担当者、エンジニアの方々が使える内容です。※PRTimes リリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000093987.html

※JDMCカンファレンス での研究会発表のアーカイブです。(20分程度です。どうぞご覧になってご参加ください)

 

実施概要

■日時:2022年4月21日(木)18:00-19:00 /Zoom Meeting

■質問対応: 
AI・データ活用のためのコンプライアンス研究会リーダー
佐藤市雄(SBIホールディングス)、安井秀一(NEC)、神嶌潔(マクニカ)、
遠藤秀則(NTTデータ先端技術/事務局)

申込

終了しました。

記事を共有する :