第49回 JDMC 定例セミナー:DX推進の鍵を握るDATAでやるべきこと

■日 時:2019年12月9日(月)16:00~18:10
■場 所:SAP Leonardo Experience Center Tokyo(千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビル9階)

■実施概要

日 時:2019年12月9日(月)16:00~18:30
場 所:SAP Leonardo Experience Center Tokyo(千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビル9階)<地図

参加者:JDMC会員およびご招待 50名
参加費:無料
主 催:日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)

■プログラム

(敬称略)

 16:00-16:20(20) オープニング:「データ統合の夜明け」

デジタルトランスフォーメーション、データドリブン経営とデータ活用が経営課題の1つとなっています。さらにデータを活用して迅速な意思決定が求めれています。そこでリアルタイムにデータを収集・統合・ビジネスユーザーへ提供し、迅速な意思決定を支援するデータ仮想化についてご紹介します。

Denodo Technologies 株式会社
パートナー戦略部長
赤羽 善浩

16:20-17:10(50) 講演:「Dx推進のカギを握るDATAでやるべきこと」

JDMCではDATAに着目した活動に焦点をあてて議論・報告などが活発に行われておりますが、今回はデジタルトランスフォーメーションとDATAというキーワードでお話したいと思います。昨今企業はデジタルの力を使って自らの業務改革やビジネス変革まで遂げようとしており、その流れは今後も加速していきます。そんな改革を行うにあたって今一度企業システム全体をとらえる必要があり、実現するためのフレームワークとしてのEnterprise Architectureを紹介しつつ、その中でDATAが何を意識して実装すべきか、それは何の目的なのか、その結果はどうなるのかなどの経験をお伝えできればと思います。数年先のビジネスが見えにくい今、DATAを活かすためにすべきことは何かを考えるキッカケになれば幸いです。

日本電信電話株式会社
技術企画部門 IT推進室  担当部長
駒沢 健

17:10―17:20 (10) 休憩
17:20-18:10 (50) トークセッション
「企業の内部統制とデータガバナンス戦略
~今あらためてEA(エンタープライズ・アーキテクチャ)に注目する~」

 

講師 駒沢氏とJDMC研究会リーダー、そしてフロアの皆さんと、上記講演の内容をベースに議論を進めます。

 

駒沢 健(日本電信電話株式会社)
水谷 哲(MDMとデータガバナンス研究会リーダー/
ダッソー・システムズ)
佐野 努(経営におけるデータ活用ガイドの研究会リーダー/
クオリカ)

 

■参加申込

[contact-form-7 404 "Not Found"]