活動紹介 ~テーマ6:IoT・AI研究会

2016-07-22

IoT・AI研究会メンバーのNTTデータの廣瀬です。
当研究会の活動内容を紹介させていただきます。

 
picture1・研究会の活動目的
各企業が競合に勝ち、収益を向上させるための方策としてIoTの活用とAIへの取り組みが注目されております。
そこで当研究会では、それらの最新情報や事例を学び、ビジネスにどう活かすのか議論し、またIoTやAIにおけるデータマネジメントはどうあるべきなのか、コンセプトから具体論まで追求しまとめることを目的としております。
 
・研究会の成果物
最終的な成果物としては、IoTやAIにおけるデータマネジメントのコンセプトおよび具体策をまとめていく予定です。
また、研究活動の過程にて、IoT・AIの最新動向、技術体系、ビジネスへの活用方法についても整理する必要があるため、それらも成果物として提示する予定です。
 
・研究会の構成メンバー
現時点で総勢48名のメンバーに参加いただいております。各メンバーの所属企業もベンダー企業、ユーザ企業、大学、監査法人等と多岐にわたっており、幅広い視点からIoT・AIに対する議論を行うことができると期待しております。
また、当研究会に途中から参加いただくことも可能ですので、ご興味のある方はぜひご参加をお願いいたします。
 
・現時点の活動内容および今後の活動予定
6/21に第1回研究会、7/20に第2回研究会を開催いたしました。
本年度より新規発足した研究会であるため、主に今後の研究活動方針について議論を行いました。
まず、本研究会のグランドルールとしては、「Give & Take!~しかも、Giveが先です~」としております。
すでに参加メンバーの方々からは、IoT・AI活用事例、関連レポート、講演資料等を数多く共有していただいており、これからも「Giveが先」という精神で研究活動を進めていきます。
また、今後はまずIoT分科会、AI分科会に分かれて研究活動を進めていく予定です。最終成果物であるIoTやAIにおけるデータマネジメントのコンセプトおよび具体策を意識しながら、最新動向や事例を収集・整理していきます。

以上
 
 
picture2
※終了後の懇親会の様子
 
※ご案内
本研究会の開催は、毎月第3水曜日に開催、ただし8月と10月は第4水曜日を予定。
各回18:00-20:00、終了後に有志懇親会。



※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.