「第3回 データマネジメントに関する実態調査」、ご協力のお願い


↓こちらから↓
https://qooker.jp/Q/auto/ja/jdmc/jdmc/

企業経営、事業推進におけるデータや情報の価値は、飛躍的に増大
しています。

顧客のニーズや競合他社の動き、法制度など、あらゆることが目ま
ぐるしく変わる今日、仮説検証型でプロジェクトを進めたり、顧客
のニーズを的確に把握したりするためには、様々なデータの収集・
蓄積、そして利活用が不可欠だからです。

では、企業はそれをどう実践しているのでしょうか?効果や課題は
どうでしょうか?残念なことに、参考になる指標はほとんど。

データの管理・活用、つまりデータマネジメントに関する包括的で
継続的な調査がなされていないからです。

そこで日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)は、
2011年より年1回、取り組み実態を明らかにする調査を実施していま
す。本調査が第3回になります。

得られた調査結果は、回答者の皆様にフィードバックし、データマ
ネジメントの普及・啓発に結び付けていく所存です。

ご多忙な時期とは存じますが、本調査の主旨や重要性をご理解いた
だき、是非ともご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

↓こちらから↓
https://qooker.jp/Q/auto/ja/jdmc/jdmc/