エンジニアの会 10月度;「データ準備」編、Talend Data Preparationで体験する(講義とハンズオン)(2021/10/6)

エンジニアの会では年間を通して、様々な分析環境に触れてみます。これは競合製品の比較のためではありません。自社にあった製品に出会う、またエンジニア自身のスキル向上の一環です。今回は、データ準備をテーマとして、Talend株式会社にご協力いただきました。

データアナリストがデータ分析を行うには、目的にあわせたデータセットを整備(準備)する必要がありますが、その作業には分析よりも長い時間を費やしていると言われています。また、ビジネスアナリストがBIツールを使用するケースでは、必要なデータセットがDHW(データウェアハウス)やDM(データマート)に見つからない場合、データを加工する必要があり、大きな負担です。

今回は、組織全体でデータ活用を推進するという課題感をもって、「Talend Data Preparation」を体験してみます。

「Talend Data Preparation」は、セルフサービス型のデータ準備ツールです。ブラウザベースです。セルフサービス型とは、現場のデータ利用者が情報システム部門からデータや定型レポートを受け取るような従来型のフローではなく、現場自身がデータを扱う、という考え方です。

・分析対象データの破損や欠損などのエラーを特定してくれる
・再利用や共有が行えるデータ加工プロセスを簡単に開発することができる

こうした機能も体験しながら、分析に必要なデータを自分で準備してみましょう。 
製品を知るだけに限らない内容で、冒頭の講義も必聴です。

対象は、データエンジニア、BIツールユーザーおよび
次の課題をもっている方に向いています。
・データ整備(準備)に時間と労力がかかり分析の作業効率が悪い
・分析のためには管理者からデータが届くのを待たなければならない
・Excelなどでデータを加工するがデータの管理が煩雑、履歴が残らない
・同じようなデータ準備をメンバーがそれぞれ実施、情報の共有ができていない

基本はエンジニアの会のメンバーですが、JDMC会員であればご参加いただけます。ハンズオンには参加せず体験参加(=視聴のみを希望)は、備考欄にご記入ください。

実施概要

開催日 2021年10月6日(水) 16:00-18:00 /Zoom Meeting
講師 Talend株式会社
リード ソリューション エンジニア
三浦大洋(みうら おうみ)
対象 JDMC会員、メルマガ会員(40名)
受講者で用意するもの ・インターネットにアクセス可能なブラウザ
・Talend Data Preparationのトライアルアカウント登録
 (参加者に登録用URLをお送りします。ご自身で登録をお願いします)

 

申込

※個人情報はJDMC内の扱いです。

 

終了しました。