エンジニアの会 特別編;「データ蓄積」編、Snowflakeを体験する(講義とハンズオン)(2021/12/3)

エンジニアの会では年間を通して、様々な分析環境に触れてみます。これは競合製品の比較のためではありません。自社にあった製品に出会う、またエンジニア自身のスキル向上の一環です。今回は、データ蓄積をテーマとして、Snowflake株式会社にご協力いただきました。データ基盤の仕組みや歴史的な背景を紐解きながら、ハンズオンで実際に操作を体験します。基本はエンジニアの会のメンバーですが、JDMC会員であればご参加いただけます。ハンズオンには参加せず体験参加(=視聴のみを希望)は、備考欄にご記入ください。

<ハンズオンのアジェンダ>
ログイン
・RBAC:ロールで管理するアクセス制御
・データベース:簡単に作れる
・ウェアハウス:コンピュートとストレージが分離しているワケ
・データロード:6000万件を体験
・クエリ:参照に最適なアクセスとキャッシュの仕組み
・タイムトラベル:うっかり更新ミスを体験してみる
・半構造化データ:ログデータだってばっちこい

<受講者イメージ>
データベース管理者、データ基盤構築・運用担当、データエンジニア、DX推進担当、SQLやデータベースをこれから学びたい方、データ活用やリアルタイムなデータ共有、クラウドDWH、クラウドネイティブ技術、Snowflake製品に関心ある方

実施概要

開催日

2021年12月3日(金)17:00-19:00

講師

Snowflake株式会社 
プロダクトマーケティングマネージャー
KT

噂のクラウドネイティブなあいつがやってきた!というわけでSnowflakeでございます。Snowflakeはクラウドが当然の時代に産声をあげたクラウドネイティブなプラットフォームです。熟練のエンジニアが惚れ込んで使い込むかたわら、初心者でもわずかな期間で一人前のデータ管理者として独り立ちさせ、幅広いユーザーに活用されています(KT)”

対象

JDMC会員、メルマガ会員(40名)

受講者が準備するもの
  • インターネットにアクセス可能なブラウザ
  • イベントの前日または当日Snowflake無料トライアルにサインアップください。※無料トライアルに登録したことで、Snowflake社からの各種メール案内が自動で届くようになりますが、受け取りたくない方は会社名の項目に「〇〇〇〇」と入力してください。「〇〇〇〇」は申込者に通知します。

https://signup.snowflake.com/?_l=ja

 

■申込

(終了しました)

 

記事を共有する :