出版

Kindle版 データマネジメント概説・ケーススターディの3部シリーズ好評発売中
企業はデータマネジメントの実践・定着化にどう取り組めば良いのか?– JDMC『データマネジメントの基礎と価値』 研究会メンバーの経験・知見が結集された書籍3部シリーズです。具体的にイメージが理解出来るケーススタディも好評です。
☆参考記事:執筆者インタビューこちら
 

▼第4段! 概説書 Ver2.0 ☆最新刊

データマネジメント概説書(JDMC版)Ver2.0:
ビジネスとITをつなぐ-データマネジメントとは
Amazon Kindle 税込1,080円、Amazon オンデマンド税込み1,166円
三省堂書店 オンデマンド
楽天ブックス オンデマンド

データマネジメントとは、「データをビジネスに活かすことができる状態を継続的に維持さらに進化させていくための組織的な営み」である。本書は、2015年3月発売の初版(Ver.1.1)につづく第2版として、新たにビジネスの成長と成果(Outcome)を得るための「データの利活用」をデータマネジメントの概念に含めて再定義。新たにデータ利活用に軸足を置いたデータマネジメントに関心を持つすべてのビジネスパーソン必携の参考書です。

*前版(Ver.1.1)からの改訂ポイント
(1) データ利活用によるビジネス成果の創出と、それを支えるデータマネジメントの関係を明らかにし、情報システム部門に限らずデータマネジメントを推進しようとするすべての方を対象にした。
(2) データ利活用促進のための活動の解説を拡充し、活動のインプット/アウトプットの例示を追加して具体化した。 2018/5/18 発売
 
 
 

▼第3段! トップダウン編

「データマネジメント・ケーススタディ
トップダウン編: 『顧客満足度向上のための業務横断データ活用』
(税込400円)(Amazon Kindle販売中

cover3

複合プリンタ国内シェアトップ企業が、新規参入業社の脅威に対抗するため打ち立てた構造改革プロジェクトを、データマネジメントの知識がない状態から『データマネジメント概説書(JDMC版)』を駆使し成功に導くまでを具体的に解説。データマネジメントによる問題解決を目指す人にとって垂涎(すいぜん)の的となる書。2016/5/25 発売

— “データマネジメントの全体像を俯瞰する教科書としての「データマネジメント概説書」に対し、本書は現場での具体的な事例を示したもので、いわば「鳥の目」に対して「虫の目」の位置づけとなります。本書は、トップダウンで経営課題の解決を指示されたIT部門のプロジェクトリーダが、その解決にデータマネジメントの取り組みが不可欠であると実感し、現場のビジネス部門を巻き込みつつ「あらゆるタッチポイントでの顧客との関係性の可視化」に成功した物語であり、特に若手IT技術者に手に取ってほしい一冊です。

日本データマネジメント・コンソーシアム 会長 栗島 聡 ”

 
 

▼第2段! ボトムアップ編

「データマネジメント・ケーススタディ
ボトムアップ編: 『始まりは品目検索へのクレームだった』」
(税込400円)(Amazon Kindle販売中

cover2

実際に⾏われた取り組み事例ならびに執筆メンバーの経験・知⾒に基づき、主⼈公の「あなた」がデータマネジメントに係る様々な状況や課題に対する取り組みや段取り、ティップス・⼯夫などからDM実践における「はじめの⼀歩」の踏み出し⽅を具体的にイメージできるケーススタディ実践書。2016/3/3 発売
 

 

 

 

 

 

 

 

▼第1段! 概説書

「データマネジメント概説書(JDMC 版)
ビジネスとITをつなぐ-データマネジメントとは」
(税込359円) (販売終了)

cover1

ひとくくりで「データマネジメント」といってもその領域は膨大であり、全体を理解し共通認識を持つことは難しい。いざ具体的にスコープ定義や現状把握/整理などを進めようとすると、計画立案自体が困難になることも多い。こうした背景、問題意識に立脚し、『データマネジメントの基礎概念を定義する研究会』により執筆された書。2015/3/5 発売

※本書とあわせて、「リーフレット」をお読みください(下記より無料ダウンロード)。本概説書の「キモ」「ポイント」を整理しています。
leaflet

リーフレットはこちらをクリック

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.