実態調査

img企業が競争優位に立ち、成長していくために必須となる情報活用において、ビッグデータのビジネス活用、データサイエンティストへの注目など、迅速かつ効果的なデータ活用への経営サイドの期待は大きく、その前提となるデータマネジメントの重要性の認識は高まっている。爆発的な情報量とニーズ、求められるスピードに対し、情報システムの現場ではデータの収集、整備、管理、活用についてどのような取り組みがなされ、データ活用にどのような対応策を講じているのか。

これらの参考となる指標を得るために、日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)ではデータマネジメントに関する取り組み実態を明らかにする調査を行っています。

<関連記事>
JDMCが第3回目となるデータマネジメントに関するアンケートを実施 (2014/1/28、IT Leaders)
企業のデータ活用、32.8%がExcelなどに依存~データマネジメント実態調査 (2013/4/3、IT Leaders)

 

【実施履歴】

●第3回 データマネジメントに関する実態調査、ご協力のお願い

https://japan-dmc.org/?p=2549
第3回報告書  (事務局にお問合せください)

●第2回 データマネジメントに関する実態調査、ご協力のお願い

https://japan-dmc.org/?p=1045
第2回報告書 (事務局にお問合せください)

●第1回 データマネジメントに関する実態調査、ご協力のお願い

https://japan-dmc.org/?p=211
第1回報告書 【research】第1回データマネジメント実態調査_報告書

 

 

 



※会員企業ロゴをランダムに表示しています。

 

 

Copyright© 2011-2017 JDMC All Rights Reserved.